ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

親鸞聖人、蓮如上人の二尊連座像

d0298869_1283039.jpg
                  二尊連座像(にそんれんざぞう)
 親鸞聖人と蓮如上人との御影を描いた、この「二尊連座像」は、大津市堅田町の本福寺に所蔵するものを複製したものです。
 蓮如上人が、本福寺の第三世、法住に寛正2年(1461)に授けたもので、蓮如上人は、この種の二尊連座像を他にも数本授けていますが、上人が、本福寺の法住に授けた以前の記述は見当たらないので、この連座像が最初のものであると思われます。

 本福寺において、この連座像を参詣人に開帳したときの説明書に、次のように述べられています。
「是に拝まれたるは、対座の御影と申して、上なるは祖師聖人、下に御座なさるは蓮如上人(中略)、世に二尊像は数多なれども、か様に大幅に成し下されたは、紀州鷺森(さぎのもり)の御坊と本福寺に限る事にして、大切なる御影なれば、謹んで拝礼あられましよ」と述べられ、裏書きには、蓮如上人の御真筆が添えられています。

 蓮如上人は、御文章ばかりでなく、この様に、御影像や名号などを門弟に与えて、浄土真宗の布教に努められました。
[PR]
by butda2 | 2013-08-10 12:07 | 山寺の仏たち | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/19442881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。