ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

志布志湾大黒グループ社員研修

           志布志湾大黒グループ新入社員研修 
d0298869_17304663.jpg
 私は毎年、鹿児島県志布志市にある、志布志湾大黒の会長の招聘(しょうへい)により、新入社員研修の講師を約2時間担当しています。
d0298869_17315927.jpg
  今年度の新入社員は、今年3月採用の社員9人、それ以前の途中採用の社員7人の計16名が、新入社員研修の対象者でした。
  毎年のパターンですが、最初に自己紹介から始めます。出来るだけ詳しく自己紹介してもらうために、まず、私は自分の自己紹介を出来るだけ細かく紹介します。すると、殆んどがユーモアを交えたりして自己紹介してくれます。
d0298869_17330862.jpg
  次に、これまでお世話になった人について、具体的に書いてもらい、その人に対して自分がどんな事をしてあげたか。更に、これからどんな恩返しをしたいかを書いてもらいます。
  両親のこと、母親のこと、恩師のこと等、これまで支えてくれた人のあることを認識してもらいます。どの人も真面目に書いて発表してくれます。 
d0298869_17340658.jpg
 そして、最後に約50分、「こころは形」と題して講演をします。「こころは見えないけれども、こころづかいは見える。思いは見えないけれども思いやりはだれにも見える。」とか、「笑顔にまさる化粧なし」とか、更には「出迎え三歩、見送り七歩」等、幾つかの言葉を引用して、こころは形となって外に現れることを話し、人との接し方について話をするのが、私の講演のパターンです。
  今年の新入社員の皆さんは、とても感じのよい社員が多かったようでした。  

[PR]
by butda2 | 2014-03-26 17:27 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/20507229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。