ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

教え子たちの還暦同窓会

    旧志布志町立出水中学校第24回卒業(昭和46年)生の還暦同窓会

 先日、9月19日(土曜日)昭和46年に志布志町立出水中学校を卒業した教え子たちの還暦同窓会に招かれて出席しました。
d0298869_17510018.jpg
 当時の卒業生は2クラスで、卒業生はみんなで54人でした。当日の出席者は28人。教師は4人が出席しました。
 同窓会名簿を見ると、すでに亡くなった人が2人。住所のわからない人が7人も。その他、病気治療中の人や家庭の都合などで、出席者は約半数でした。
d0298869_17534815.jpg
 今は閉校になった彼らの母校、出水中学校に午後3時に集合。当時を思い出させる校舎は一つもありませんでした。残された校舎も使われてはおらず、グラウンドでは、地域の高齢者の人たち十数名がグラウンドゴルフを楽しんでいました。
d0298869_19173395.jpg
 同窓会の会場は国民宿舎「ボルベリア・ダグリ」で、午後5時から、鹿児島市の照国神社で神職をしている同級生による「お祓い」、集合写真などを済ませて懇親会。幹事代表の挨拶、恩師の挨拶に続き乾杯。それに出席者全員がそれぞれ近況の報告がありました。
d0298869_19195037.jpg
 志布志市外に住んでいる人が半数以上の15人。特に女性が県外に嫁いでいました。また、自分の病気のことや、孫たちのことも話題になっていました。 来年の3月で全員が60歳になり、会社勤めのほとんどが定年になるといっていましたが、嘱託などの形で仕事を続ける者、新しい仕事をする者などいろいろでした。
 還暦を過ぎてからの人生こそ、自分らしく生きる最高のチャンス。価値ある人生を歩いていただきたい。
d0298869_19244468.jpg
 二次会は、昨年還暦を迎えた先輩女性の経営するスナックでカラオケで楽しみ、盛り上がっていました。
 私は教え子たちの還暦同窓会に何回も出席しますが、その都度、教え子たちがいつまでも教師を大切にしてくれることに感激し、これ以上の喜びを味わうひとときはありません。
 彼らの前途に幸あらんことを、心から願わずにはいられない。

[PR]
by butda2 | 2015-09-20 17:38 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/22196445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。