ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

南日本新聞「ひろば」欄

            「女性の視点による興味深い手記」
d0298869_16081278.jpg
 志布志の淑女会の会員12人が、この度「台所から見た志布志の戦中戦後」という 145ページからなる冊子を刊行されたので、早速読み戦中戦後を思い出したので、お礼を兼ねて、南日本新聞の「ひろば」欄に投稿しました。
 去る9月25日に掲載されたものを、次に掲載させていただきます。       
d0298869_16030324.jpg
            「女性の視点による興味深い手記」

 志布志の12人の女性が書いた手記「台所から見た志布志の戦中戦後」を読んだ。 70代後半から90歳代までで、戦中戦後の思い出や体験は、女性ならではの視点で大変興味深かった。
 戦火がだんだんと本土に近づく昭和18年ごろ、私は国民学校の低学年だった。高等女学校生たちが陸軍造兵廠(しょう)や海軍航空廠などに学徒動員されたり、航空隊の防空壕(ごう)掘りなどをした。学年によって、髪型が決まっていたことなどは知らなかった。
 もんぺ姿で動員され「なびく黒髪きりりと結び~呼べば応える友の歌、あああ愛国の血はもえる、われら乙女の挺身(ていしん)隊」と勇んで銃後の守りについたと記している。
 一方、私と同世代の女性は戦後の困窮した生活の様子や、終戦と同時に出征兵士が帰郷したりして、衣食住は不足し、その貧困は言語に尽くせぬものがあったとつづっている。
 戦後70年。私たちは戦争犠牲者や遺族の悲しみ、さらには戦争の悲惨さを忘れて日々を当然のように生きている。彼女たちの体験談を読んで、こうした私たちに警鐘を鳴らしていると感じた。(2015、9、25掲載)

[PR]
by butda2 | 2015-09-29 15:56 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/22241564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。