ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

志布志事件ーたたき割り訴訟

               志布志事件ーたたき割り訴訟の判決
d0298869_21482590.jpg

 2003年の志布志・県議選事件をめぐり、どう喝や脅迫など「たたき割り」と呼ばれる取り調べで、うその自白を強要させられたとして、起訴されなかった住民6人が鹿児島県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が去る8月5日、福岡高裁宮崎支部であり、裁判の傍聴に大型バスや自家用車などを使って60数名が志布志から駆けつけた。
d0298869_21503246.jpg

 裁判の判決は、6人の全員の取り調べについて「社会通念上、相当と認められる限度を明らかに逸脱している」として、取り調べの違法性を認定して、鹿児島地裁判決を変更して、6人全員にそれぞれ 60万~115万円の計595万円の賠償を県に命じる判決を言い渡した。
d0298869_21515288.jpg

 志布志事件とは、2003年4月の県議選曽於郡区(当時)で初当選した中山信一氏の選挙運動で、4回の買収会合があり、現金計191万円が授受されたとして13人が逮捕、起訴された事件である。
d0298869_2154393.jpg

 鹿児島地裁は07年2月、自白した供述調書の信用性を認めず、全員に無罪判決を言い渡し確定した。無罪住民と遺族らは、捜査の違法性を訴え、国と県を相手に国家賠償請求訴訟を提訴。鹿児島地裁は15年5月、捜査・起訴の違法性を認め、計5980万円の支払いを命じ、確定した事件です。
d0298869_21561485.jpg

 事件から13年、あるはずもない買収事件を鹿児島県警が作り上げ、警察権力をかさに人権を弾圧し、多くの住民の人生を狂わせてきました。無実の住民を苦しめた償いは賠償金では償えない。いつ被害者に謝罪をするのだろうか?
[PR]
by butda2 | 2016-08-10 21:45 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/23389536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。