ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

川柳に挑戦

                   川柳を投句して楽しむ
d0298869_2020866.jpg

 80歳の手習い、一昨年の9月から川柳を初めて、作句した川柳を地元の新聞「南日本新聞」の「南日柳壇」に投句しています。
 まだ1年年半にもなりませんが、これまで新聞に掲載された句と、選者の評のあるものはそれも一緒に紹介いたします。なお、私の柳名(ペンネーム)は「愚凡法明」(ぐぼんほうめい)です。

 「いいはずだあの世還(かえ)りはまだいない」(平成27、9、18掲載) 初めての作品
(評)数々の故人にお弔いをあげてきた住職ならではの句。やすらかに成仏させたせいか、あの世の住み心地は現世よりはるかにいいらしい。(麻井文博選)

 「陰口を叩いた口でお念仏」(平成27、10、25掲載)
(評)信心深くなって山門を出る。念仏を唱えたばかりの口で他人をそしるという人の弱みを突いている。(牟田島思淡選)

 「坊さんの話し上手に癒される」(平成27、12、11掲載)
(評)どう頑張ってもどうにもならないことがある。あるがままをそのままに正味の自分が受け入れる。そんな法話に癒されて心が軽くなる。(麻井文博選)

 「あの笑顔黄泉の国まで持っていく」(平成28、3、2掲載)
(評)素敵な笑顔を残して旅立った人。その笑顔はお浄土の国に行っても変わることなく、きっと周りを明るくしてくれるはず。(麻井文博選)

 「もういいと言いつつ五年も生きている」(平成28、4、6掲載 牟田島思淡選)

 「当たり前病んではじめてお陰さま」(平成28、8、10掲載 麻井文博選)

 「おまかせと微笑んで言う病む老爺」(平成28、10、5掲載)
(評)すべてをあるがままに受け止め「何もかも天にお任せ」と話す老爺(ろうや)。その言葉に深く心を打たれ、病むときはかくありたいと思う作者。(麻井文博選)

 とりあえず、今回はこれまで。後はまた後日。
[PR]
by butda2 | 2017-01-13 20:17 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/23778342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。