ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

彼岸会の法話ー法務員初出座

         彼岸会の法話を法務員が初めて担当する 現在、専念寺では法務を担当する人が5人いる。住職、前住職、前住職の弟(特別法務員)それに通信教育を受講している法務員2人(男性1人、女性1人)である。
d0298869_14223751.jpg
  男性の法務員は2年間、女性の法務員は約1年間法務を実践して、それぞれの家庭の年回法要は担当して来ましたが、彼岸会などの法座は担当しませんでした。
d0298869_14243563.jpg
 3月の春の彼岸会(3日間)では、5人がそれぞれ1座ずつ担当することを話し合い、事前からその準備をしてきました。 さいわい、2人の法務員は、男性はギターができます。女性の法務員は絵を描くのがとても上手です。それぞれが特技を生かして初法座を勤めることにしました。
d0298869_14331260.jpg
 特に絵描きの女性法務員は、中国の善導大師の説いた「二河白道」(にがびゃくどう)の絵を描いて、旅人が最期に阿弥陀如来の救いの呼び声やお釈迦様の勧めに従って救われた話をしてくれました。
d0298869_14391821.jpg
 一方、男性法務員は、法話の終わりに、五木の子守唄の節で「念仏子守唄」をギターを伴奏にして参詣者と一緒に歌って座が和みました。 5人の者がそれぞれ法話を担当して、参詣者もとても喜んでいただきました。

[PR]
by butda2 | 2017-03-30 14:17 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/24032372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。