ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

親鸞聖人の生涯と物語 2

            親鸞聖人と板敷山の物語(紙芝居) 2 親鸞聖人の法然上人との離別、越後への流罪などを経て、やがて関東に赴かれました。関東での布教は常陸の国にある稲田の草庵を中心にして各地に出掛けて念仏の教えを広めました。この地方は昔から修行によって呪術を学び、加持祈祷をする修験道がさかんでした。修験道は祈りや呪いによって病気や災難を除き欲望を満たそうとする教えですから聖人の説く念仏の教えとは相容れない教えです。
d0298869_11300496.jpg
 聖人の熱心な布教によって、稲田の草庵には阿弥陀如来の救いの本願を求めて多くの人々が集まり、弁円(べんねん)の教える加持祈祷をたのむ人が減り、山伏たちは苦々しく思うようになりました。
d0298869_11310499.jpg
 聖人49歳の秋のこと、山伏弁円は聖人をこらしめようと、板敷山で待ち伏せしましたが、すれ違いばかりで出会えず、ついに聖人の居る稲田の草庵まで乗り込んで来ました。そして大声で「親鸞おるか出てこい」と怒鳴り込みました。
d0298869_11340863.jpg
 このただ事ならぬ声を聞いた聖人は、何の気構える様子もなく、静かな態度で対応されました。この聖人の和顔に接した弁円は、今の今まで持っていた聖人への敵意がいっぺんに消えてしまい、とたんに聖人のおん前にひれ伏してしまい、聖人こそ生身の仏様であるとあがめ、刀剣を捨て、これまでを悔やんで聖人の弟子になって、念仏の教えに帰依することになりました。
d0298869_11361997.jpg
 弁円は聖人より明法(みょうほう)という法名を授かり、聖人の膝元で聞法に励みました。絵の場面は、かつては聖人の殺害を企てた板敷山に、聖人の帰りを待つ明法房弁円で「山も山 道も昔に変わらねど 変わりはてたる我が心かな」と歌った弁円の姿です。
[PR]
by butda2 | 2017-04-21 13:10 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/24109189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。