ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

ブディスト川柳

              私の川柳「ブディスト川柳」

 はじめにー傘寿を過ぎた山寺の和尚が「ユーモアは最高の文化なり」と信じて数年前から川柳作りを始め老後を楽しんでいます。親愛なる周りの人たちに笑いを届けたいと思い、拙い川柳を綴り贈呈することにいたしました。どうぞ御笑覧ください。
 平成29年4月  専 念 寺  愚凡法明(ぐぼん ほうめい)
d0298869_21100031.jpg
*ちなみに、ブディストとは仏教徒の意で、仏教的な川柳を綴りました。約90首、筆ペンで自筆して印刷所に製本を発注して製本しました。次に川柳数首を掲載いたします。
d0298869_21131817.jpg
・いいはずだ あの世還りは まだいない
・陰口を 叩いた口で お念仏
・あの笑顔 黄泉(よみ)の国まで 持っていく
・三回忌 夫(つま)を亡くして 若返る
・もういいと 言いつつ五年 生きている
・当たり前 病んではじめて お陰様
・閻魔(えんま)さん 私の死後を どう裁く
・殺すなと 言っていながらハエ殺す
・たくさんの 肩書き置いて 彼は逝(い)く
・ポックリと 願ってみても 無駄ですよ
・婆さんが 聞いてないのに 歳(とし)名乗る
・親切と 言いつつ世話やく 不親切
・飲み会の 話題はいつしか 老病死  
・初詣(はつもうで) かねての議論は 無神論(むしんろん) 
・おまかせと 微笑んで言う 病む老爺(ろうや)  
・生きている だけで迷惑 かけてます  
・住職も 時々拝む 山の神  
・また聞いた 「あなただけよ」と 言う嘘を

[PR]
by butda2 | 2017-04-23 21:05 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/24115105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。