ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

かごしまの仏たち

         「かごしまの仏たち」~守り伝える祈りの造形(かたち)~

 今年9月28日ー11月5日まで期間、黎明館企画展として「かごしまの仏たち」~守り伝える祈りの造形~として、飛鳥から江戸期までの仏像展が開催されており、見に行きました。
d0298869_1613367.jpg

 日本全国、多くの仏像が残され、その美しさと深い精神性に、人々は魅了され、人気の仏像もたくさんあります。しかし、鹿児島では、明治期の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)などにより、仏像はほとんど失われました。
 ところが、厳しい仏教弾圧にもめげず、命がけで守り続けた多くの仏像が県下に点在しており、この度、黎明館の尽力により、予想以上の仏像が集められ、展示されていました。
d0298869_1613398.jpg

 現在に残る希少な仏像を、宗教的な観点だけでなく、美術的な観点からも紹介され、様々な歴史を秘めた仏像が身近にあることを知る機会になりました。
d0298869_1614480.jpg

 時代ごとに異なる仏像の様式や特徴など、鹿児島の美術、工芸の魅力に触れることができました。
[PR]
by butda2 | 2017-10-22 16:11 | Trackback
トラックバックURL : http://butda2.exblog.jp/tb/25961817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。