ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鹿児島県内各地に大雪

                専念寺境内の積雪は約2㎝

 鹿児島県内は24日から今季一番の寒気が流れ込んだ影響で、全域で雪を伴う大荒れの天気になりました。
d0298869_10114079.jpg

 鹿児島市では10㎝、大口市では25㎝の積雪があり、県内各地でもかなりの積雪がありました。その影響で、陸、海、空の交通機関は24日夜から25日の午前中までマヒ状態。鹿児島県の南端、奄美市では115年ぶりの雪を観測したそうです。
d0298869_10171514.jpg

 志布志市でも24日の午前中から、雪がちらほら降り始め、夕方にはうっすらと雪化粧していました。今回の降雪は、大隅半島より薩摩半島の方が強かったようですが、それでも、当地で積雪があるのは4、5年ぶりだと思います。
d0298869_10201165.jpg

 今朝6時半、玄関の温度は丁度0度で、境内の積雪は約2㎝でした。
d0298869_1026674.jpg

 何年に一度の積雪で、境内の風景も一変していましたので、雪の降り始めから今朝の積雪した風景を写真で紹介いたします。
d0298869_1039308.jpg

[PR]
by butda2 | 2016-01-25 09:45 | Trackback

御正忌法会(ごしょうきほうえ)

d0298869_9424076.jpg
               親鸞聖人の御命日法要
d0298869_9373069.jpg


 浄土真宗の開祖、親鸞聖人の忌日に行う法会を「御正忌」といい、浄土真宗の各寺院では、いろいろな形で法要が行われます。
d0298869_947077.jpg


 当寺では12月に「報恩講」を、1月16日には「御正忌」と、別々に行われていますが、多くの寺院では、御正忌と報恩講を一緒にして「御正忌報恩講」と呼称して、一回にして勤めている寺院が多いようです。
 親鸞聖人の忌日は、陰暦では11月28日。陽暦では1月16日になります。東本願寺(大谷派)では、11月21日から28日まで。西本願寺(本願寺派)では、1月9日から16日まで、それぞれ「御正忌報恩講」が勤まります。
 当寺におきましても以前は1月に「御七昼夜(おしちちゅうや)」といって1週間「御正忌」を勤め、多くの人達が参詣していましたが、テレビや高齢者の娯楽、それに、だんだんと過疎化がすすみ、参詣者も少なくなり、やがて、3日間になり、今日では聖人の忌日の1月16日の1日間だけ勤めています。
d0298869_9515520.jpg

 親鸞聖人は、承安3年(1173年5月21日)に誕生され、弘長2年11月28日(陽暦1263年1月16日)に90歳の生涯を終えられました。聖人は9歳の時に出家して比叡山において20年間自力聖道の修行をされましたが、「いずれの行も及び難く」「ただ、念仏して弥陀に救われる」と教える、他力浄土の道をやがて選ばれ、今日の浄土真宗の教えを確立されました。こうした意味からも「御正忌」は浄土真宗の門徒にとりましては大切な法要であります。
d0298869_9563945.jpg

 なお、当寺では、10年ほど前から、午前中に「御正忌法会」を勤め、昼食をかねて「お斉(おとき)」の席を設けて、参詣者一同で「新年会」を開いています。今年は、アトラクションとして、門徒の娘さんたちに、ピアノの連弾やフルートの演奏もしていただきました。
[PR]
by butda2 | 2016-01-18 09:33 | Trackback

伊勢堀院の修正会

         専念寺分院・伊勢堀院の修正会(しゅうしょうえ)
d0298869_16332760.jpg
 専念寺分院の伊勢堀院では、毎年1月1日の10時から「修正会」(元日会)を勤めています。
d0298869_16343219.jpg
 「修正会」は、一年の最初の法要です。「修正会」はまず、仏教徒として、一年の始まりに当り、仏さまのみ教えを聴聞して、この一年、どんなことがあるか分かりませんが、迷信に迷うことなく、与えられた人生を「日々是好日」と受け止めて、前向きに生きていくことを、みんなで確め合う法要でした。
d0298869_16364099.jpg
 伊勢堀院では毎年、「一年の始まりはお寺参りから」をスローガンに掲げて、「修正会」への参詣を呼び掛けていますが、今年も本堂一杯の参詣があり、有意義な法要が勤まりました。

[PR]
by butda2 | 2016-01-03 16:27 | Trackback

山寺の除夜会

              山寺の「除夜会」(じょやえ)  

 山寺の専念寺では毎年、12月31日の午後11時45分から「除夜会」(除夜の鐘撞き)を行っています。
d0298869_10495795.jpg
 前日から「除夜会」に参加される人たちを暖かく迎えるために、ブロックで釜を作り薪を焚く準備をします。
 境内には外灯もありますが、照明が充分でないので、電球のコードををひいて境内を明るくします。
d0298869_10513962.jpg
 除夜の鐘は、人間のもつ煩悩の数。つまり108回撞きますが、山寺では鐘を撞く数を昔から数えないようにしています。それは、昔は鐘を撞く人たちが108人より多く、参加した人には全員撞いてもらったことによります。
d0298869_10523820.jpg
 今でも、参加した人全員が撞き終わったら、山寺の「除夜会」は終わります。途中、12時になったら、住職が参加者全員に、新年の挨拶をするようになっています。
d0298869_10535513.jpg
 今年の「除夜会」は風もなく穏やかで、多くの方々の参加で、12時40分頃に無事終了しました。

[PR]
by butda2 | 2016-01-02 10:43 | Trackback