ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宮崎県三股町の花の公園

           宮崎県三股町の椎八重公園とシャクナゲの森
d0298869_20355853.jpg

 去る4月20日(水)、友人夫婦を誘って都城市の郊外、北諸県郡(きたもろかたぐん)三股町(みまたちょう)にある、椎八重(しいばえ)公園のツツジ園と同町にあるシャクナゲの森を見学に行きました。
d0298869_20374688.jpg

 同夫婦とは以前にも一緒に公園を見学して、ツツジを見ながら昼食をした楽しい思い出のある公園ですが、今回は4年振りに花見を楽しみました。
d0298869_20391553.jpg
 
 まず、椎八重公園のツツジは、公園の斜面に約6万本の真っ赤なクルメツツジが植えられ、公園全体が赤く彩られて、公園の山頂にある展望台からの眺めは絶景です。
 天候にも恵まれ、満開のツツジを堪能しました。
d0298869_20412282.jpg

 三股町のシャクナゲの森にも行きました。面積約5㌶の森には世界中のシャクナゲ500種が植えられ、日本最大級のシャクナゲ園だそうです。
 園内には山菜料理やヤマメ料理をするレストランもあり、シャクナゲの花の天ぷら料理もあるとのことでした。
d0298869_20423085.jpg

 シャクナゲの森の見学にタブレットを持参するのを忘れましたので、当日園で購入したシャクナゲの鉢植えを写真にいたしました。
[PR]
by butda2 | 2016-04-26 20:33 | Trackback

続春休み・孫娘との旅行

              宝塚歌劇と京都はんなり「都をどり」 2

 旅行の初日は、宝塚歌劇星組の公演のみだったが、2日目は午前中は嵐山方面の観光と「都をどり」が組まれていました。
 朝8:30分ホテル発で嵐山に向かいました。桂川にかかる渡月橋を渡ると、桜、桜、桜の花盛り。鹿児島を出るときはまだ満開ではなかったけれども、どうやら今年は関西の方が早いみたいです。

d0298869_113076.jpg
 桜の花もいっぱいでしたが、昼近くになると人、人、人でいっぱいになりました。中国の人や韓国の人が多く、それに欧米の人もかなり来ていました。
d0298869_10525435.jpg

 私たちは、観光客の多い桂川河畔の桜を早々に見て、近くの天龍寺に参ることにしましたが、ここも観光客でいっぱいでした。拝観コースにしたがって、曹源池や竹林を見て、書院に上がって、そこからはゆっくりと庭園を見学できました。
d0298869_10554714.jpg

 天龍寺から集合場所までの途中にある、「宝厳院(ほうごんいん)」に寄り、庭園を見ながら三人で「野点(のだて)」を味わうことにしました。苔でだきた庭園、そこを小さく流れるせせらぎ、観光客も少なく、孫娘親子も気に入ってくれました。
d0298869_1057659.jpg

 午後3:30分から京都・祇園にて「都をどり」を約1時間鑑賞しました。昨日の宝塚歌劇とは打って変わって、京都の舞妓さんによる本的な和風の芸。唄い(謡い)、三味線、鼓(つづみ)、鉦(かね)などに合わせて、舞台いっぱいに踊るしとやかな舞を堪能しました。
d0298869_10582176.jpg

 伊丹空港を最終の飛行機便で帰り、午後10時頃に帰着しましたが、思い出に残る有意義な二日間の旅行になりました。
[PR]
by butda2 | 2016-04-07 10:24 | Trackback

春休み・孫娘との旅行

            宝塚歌劇「星組」公演と「都をどり」を鑑賞 1
d0298869_1754249.jpg

 今年中2になる孫娘と春休みはいつものように旅行をする約束をしていた。最初は台湾に行くことを予定していたが、某旅行会社のチラシの中に「宝塚歌劇<星組>と京都はんなり<都をどり>2日間」のプランを見つけた。孫娘に相談したら行きたいという。4月1日、2日の実施を選んで申し込んだ。
 旅行の出発は朝が早く、鹿児島空港に6時55分集合となっていたので、鹿児島空港近くのホテルに前泊することにした。今回はバーバは留守番で、孫娘のママが同行することになった。
d0298869_17555874.jpg

 大阪の伊丹空港から宝塚までの沿道の桜は、鹿児島より早くすでに満開。11時頃には宝塚に到着。買い物をしたり昼食を済ませて、13:00にいよいよ「宝塚歌劇星組」の公演が始まった。
 まず、幕が上がると、この公演で初舞台を踏む102期生39名が、宝塚の精神「清く、正しく、美しく」を目指して精進するという口上を述べてダンスが始まった。
d0298869_19531112.jpg

 歌劇の最初は、ヨハン・シュトラウス二世オペレッタ「こうもり」より、そして、最後は、星組71名と初舞台を踏む39名による豪華絢爛たるショウーの2部からなり、たっぷり約3時間の歌劇とショウーを楽しんだ。
d0298869_19543491.jpg

 私も初めて、孫娘も初めてでしたが満足して、また見にきたいと言っていた。舞台の写真を撮って紹介できないのが残念です。
 翌日の、嵐山や「都をどり」は、次にします。
[PR]
by butda2 | 2016-04-06 17:49 | Trackback