ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

南日本新聞「ひろば」より

        「一人でも孤独死でない最期に」(H28、6、26掲載)

 私は、毎日新聞鹿児島版の「はがき随筆」に毎月投稿している。南日本新聞にも以前は年間4、5本投稿していたが、最近はめっきりご無沙汰してます。
 先日、久し振りに投稿した作品が掲載されていましたので、下記に転載して紹介いたします。
d0298869_21414353.jpg

       「一人でも孤独死でない最期に」(僧侶 一木法明 80)

 お釈迦さまは、人間は生まれながらに「生老病死」の四つの苦しみを持って生まれると言った。生きていく苦しみ、特に老いていく苦しみ、病んでいく苦しみ、そして死んでいく苦しみである。
 この苦しみを解決するために、昔は周りに家族がいて支えてくれた。核家族化が進んだ今は、家族意識が弱っているような気がする。従ってこの老病死の問題は、自らが解決しなくてはならない。苦労して育てた子どもも、自分が老いて病んだときに頼りにならない。子どもに介護を期待する時代ではなくなりつつあるようだ。
 終活という言葉をよく目にする。終活とは人生の終末に向けての活動や準備で、いかにして人生を自分らしく締めくくるかということだ。この課題に元気なときから向き合い、心の準備をすることが大事だろう。
 人生を旅に例えた古人は多い。行き先がない旅は旅ではない。自分の人生がどこに向かっているのかも意識せずに、年を重ねるのは不安である。
 終活にはいろいろな方法があるが、まずは人生という旅の行き先をはっきりとさせることだろう。心のよりどころを持って、一人であっても孤独死でない最期を迎える心の準備が、何よりも大切ではないか。
[PR]
by butda2 | 2016-06-30 21:38 | Trackback

毎日新聞鹿児島版「はがき随筆」より

                はがき随筆「彼女は宇宙人」

 毎日新聞鹿児島版「はがき随筆」に毎月投稿するのが私の楽しみの一つです。今回は30数年来親しくしているYさんについて書きました。
 Yさんは86歳になりますが、数年前から耳が遠く、その上認知症を患い、年とともにその症状がすすんでいくようです。
 彼女の素晴らしいことは、どんな時でもお寺に来ると、まず寺のお内仏に必ず膝まずき、念仏をとなえることであります。次に今回の作品を掲載いたします。
d0298869_21151092.jpg

              「彼女は宇宙」(H28、6、25掲載)

 間もなく86歳になる彼女は、体は丈夫だけれども自分の家が分からなくなったり、夫が他人に見えたりして時々宇宙人になってしまうことがある。認知症といっても、不安でたまらない彼女は私に救いを求めてくる。
 彼女夫婦には40数年前に、20歳を過ぎたばかりの一人息子を交通事故で亡くした悲しい過去がある。そのどん底から救われたのは、寺で聞いた親鸞の教えだったという。住職は代わったが、宇宙人になった彼女の頼るところは今も寺なのだ。彼女の不安はどうしたら癒されるのか。話し相手をする私の心はいつも悶々として悲しい。
[PR]
by butda2 | 2016-06-28 21:12 | Trackback

専念寺報(136号)の発送

                 専念寺報の発送

 昭和58年6月に発行した「専念寺報」は、これまで年4回(6月、9月、12月、3月)の発行を続け、今回で136号になりました。
 第1号から、昭和62年3月発行の19号までの原稿は手書きして、寺でコピーして門徒各戸に集落の世話人を通して配布しました。
d0298869_11484411.jpg

 その後、昭和62年7月発行の第20号からは印刷所に発注して今日に至っています。寺報はB42ツ折り4ページ。現在の発行部数は30部の保存を含めて700部印刷しています。
d0298869_11501416.jpg

 寺報は専念寺門徒、伊勢堀院法灯会会員の他、来寺の講師、故郷から遠くに在住している人、友人、知人などに発送しています。
 また寺報は寺と門徒をはじめ、遠く故郷を離れている人達との心を結ぶパイプ役の務めを果たしています。
d0298869_1151489.jpg

 寺報の執筆とレイアウト、校正等は前住職と現住職が担当し、発送準備から発送までの仕事は坊守が担当しています。
d0298869_11564214.jpg

 寺報の内容は、寺の行事だけでなく、浄土真宗の教えや時事に関するものなど、できるだけ幅広い情報を掲載するように努力しています。
[PR]
by butda2 | 2016-06-15 11:42 | Trackback

仏教書の出版

                  「み教えにあいて」
 
d0298869_1355287.jpg

 冊子の編纂(へんさん)に当り、次のような口上書(こうじょうしょ)を書きました。
 「47歳で帰山してから30有余年。僧侶として葬儀や法要をはじめ、歎異抄(たんにしょう)講座や現在も続けている土曜礼拝などを通して浄土真宗のみ教えを話す機会をいただきました。
 齡(よわい)80を過ぎた今日、これまで法話等で引用したみ教えのことばを自筆して綴り、御同行御同朋(おんどうぎょうおんどうぼう)の方々に贈呈することにいたしました。
 信仰の一助となれば幸いです。どうぞ御笑覧ください。  合掌 」
                      平成28年5月      専念寺 釈法明
d0298869_1357880.jpg

 冊子の題は「み教えにあいて」としました。装丁はB4の和紙を袋とじ(2つ折り)にして、B5サイズにして、製本しました。み教えの項目は47編、58ページ。目次以外はすべて筆ペンで書きました。
d0298869_13583156.jpg

 書き始めてから出版まで約5か月かかりましたが、その間、校正は土曜礼拝に参加している小山一法氏(鹿屋市在住=本願寺中央仏教学院通信課程受講生)が、引用した語句について、「浄土真宗聖典」(本願寺出版)と対比しながら、確認してくれました。
 御同行御同朋の方には贈呈いたします。
[PR]
by butda2 | 2016-06-11 13:53 | Trackback

毎日新聞「はがき随筆」より

                  「会話なき日々」

 私の高校時代の恩師で健在なのは、91歳になる原田実先生一人です。去る3月26日、私どもは「傘寿同窓会」を開き、遠くは北海道をはじめ全国各地から40人が集まりました。
d0298869_1742918.jpg

 恩師の原田実先生も元気な姿で参加してくださいました。先生は現在一人暮らしをしていますが、その時の挨拶で、いちばん辛いのは、話す相手が居ないのが辛い、と言っていました。
 同じ市内に住んでいるのに、先生と会う機会がないけれども、連休明けの5月7日、同じ病院でばったり一緒になり、先生と親しく話す機会ができました。
 その時の先生との会話をもとに「会話なき日々」と題して毎日新聞の「はがき随筆」に投稿しました。5月22日、鹿児島県版に掲載された作品を掲載します。
 
d0298869_1761038.jpg

             「会話なき日々」
 「病院の待合室で高校時代の恩師と偶然一緒になった。当時の先生で健在なのは、市内に住む91歳になる原田先生ただ一人である。あいさつして横に座ると大変喜ばれて会話がはずんだ。
 先生には子どもさんがなく、4年前に奥様が他界されてからは一人暮らしである。食事や買い物のことなど日々の生活をいろいろと聞いた。不自由な中でも最も寂しいのは、終日会話のない日々が続くことだ。こうして教え子と話す時間がとてもうれしい。
 会話しながら高校時代を思いだし、私もうれしかったがとてもつらかった。幸い、病院は連休明けで混んでいた。」(以上)
[PR]
by butda2 | 2016-06-10 17:01 | Trackback