ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春の訪れ

              山寺に春の訪れ
d0298869_13220320.jpg
 今年の冬は例年になく寒さが厳しかったような気がしました。当地では雪はチラホラ降りましたが、積雪はありませんでした。それでも毎朝霜が強く、よく三寒四温と言いますが、寒い日が連続して、暖かい日が少ないでした。
d0298869_13184011.jpg
 こうした寒い冬でしたが、境内の樹木や草花は、しっかりと季節の移り変わりを受け止め、春の訪れを告げてくれています。
d0298869_13245119.jpg
 黄色の水仙は、どんなに寒くとも霜にうたれて萎えることはありません。境内の椿も次から次に花を付け、次から次に花を落としています。
d0298869_14554177.jpg
 境内の梅の木は種類によって花が咲く時季が随分違いますが、早い種類の梅はすでに散ってしまっていますが、遅咲きの白梅は2月の終わりの今が満開です。
d0298869_15011395.jpg
 椿や梅の花には、メジロがよく蜜を吸いに群れていますが、メジロは八重咲きの椿にはほとんど群れていません。一重の花を好んで群れています。 寒かった冬ではありましたが、春は着実に一歩一歩山寺に春の訪れを告げています。
[PR]
by butda2 | 2017-02-28 13:08 | Trackback

毎日新聞・仲畑流万能川柳

               密かなる挑戦

 私は1年半前の、平成27年9月から地元紙「南日本新聞・南日柳壇」に川柳を投稿して、川柳を楽しんでいます。 南日柳壇には二人の選者がいて、それぞれの選者に投稿して、ときどき採用されて新聞に掲載され喜んでいます。 
一方、私は十数年前から、毎月新聞を購読して、毎日新聞鹿児島版にある「はがき随筆」にほとんど毎月随筆を書いて楽しんでいます。
 毎日新聞の1ぺージにある「仲畑流万能川柳」は以前から読んで楽しんでいましたが、突然81歳の誕生日を機に自分も投稿して見る気にないり、昨年の9月から投稿を始めました。
 ところが、これまで5か月間、何回投稿しても掲載されません。ついに思いあまつていつも投稿している「はがき随筆」に「密かなる挑戦」と題して投稿しました。その「ぼやき随筆」を掲載させていただきます。切り抜いて選者の仲畑さんに届けようと思います。 
 
d0298869_18503887.jpg
            「密かなる挑戦」

 私は昨年の9月から密かに挑戦していることがある。「仲畑流万能川柳」への投句である。投句の方法は、はがきに5句以内。これまで約4カ月間。はがきに4、5句書いて9回。相当な数を投句したがいまだ1回も掲載されない。万柳の欄は新聞の1ぺージですぐ目につく。あまりに没が続くので「初デビューいつになるのか仲畑さん」「万柳の柳に飛びつく術(すべ)しらず」「万柳を止めにしようか続けるか「根気よく出せばいつかは載るはずだ」などと選者に催促するが効き目なし。没の仲間の「掲載をしないと朝日に代えちゃうぞ」の句に救われ、挑戦が続く。   (H29、2、1掲載) 

これからも続けます。万能川柳のペンネームは「ブッダ2(ツー)」です。

[PR]
by butda2 | 2017-02-01 15:35 | Trackback