ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

ツワブキの葉(金環葉のツワ)

d0298869_1017289.jpg
このツワブキは、数年前に園芸店で購入したもので、葉のまわりが白く縁取りされていて、ツワブキとしては小ぶりです。めずらしかったので購入しましたが、株があまり増えません。私は、「金環葉ツワブキ」と勝手に命名しています。

ツワブキは菊科の植物で、多年草。私たちは、ツワと言っています。花は黄色く菊の花に似ています。

ツワブキの名は、艶葉蕗(つやばぶき)つまり「艶のある葉のフキ」から転じたと考えられるそうです。
分布は、本州の福島県、石川県以西から、四国、九州に広く分布しているようです。

日本庭園の園芸植物として用いられ、石組みや木の根元などに好まれて植えられます。斑入りの葉っぱ
などありますが、写真のような、金環の葉っぱは珍しいのではないでしょうか?

ツワブキは食用に用いられますが、ツワブキのレシビとしては、ツワの炒め煮、ツワの佃煮、竹の子とツワの煮物など、いろいろなレシビがあり、とても美味しい料理があり、私は大好物です。
しかし、ツワブキはあくが強くて、家内は、料理するときの湯気で顔がかぶれて、煮るのを好みません。顔をそむけながら、私のために料理しています。
[PR]
by butda2 | 2013-06-07 09:52 | 寺を彩る植物たち