ことだま日記

butda2.exblog.jp
ブログトップ

教え子達の古稀同窓会

                 教え子の古稀同窓会に招かれて
d0298869_2064673.jpg

 昭和33年に社会人としての第一歩を踏み出したのが旧串木野市立荒川小学校であった。私はその2年目に6年生の担任を命じられ、これが今日まで58年間も交流を続ける切っ掛けとなった。
 学校は市街地から約7㎞離れた山間地にあったが、当時は全校の児童数が200人余りで、6年生には35人在籍していた。
d0298869_2074391.jpg

 自転車も持たず、学校の近くに下宿して、放課後は日の暮れるまで子どもたちとソフトボールなどをして遊んだ。彼らの作った卒業文集に私を評して「写真撮りとメジロ捕りが特技、子分も多い」と書いている。
 当時を振り返ってみると、教育技術も未熟であったのに、それでも今日まで先生として慕ってくれる。感謝したいのは私の方である。当日は遠くは静岡などから17人が集まって、串木野市内で食堂を営む同級生の店を借り切り、夜遅くまで懇親を深めた。
d0298869_2082346.jpg

 今まさに新年度が始まり子どもたちにとっては先生や友達との新しい出会が始まろうとしている。生涯を通して、同級生としての絆ほど心暖まるものはない。また、教師にとっても教え子ほど大切な宝はない。教え子の古稀同窓会に参加して、学校での出会がどんなに尊いものか痛感することであった。次はいつ会えるか分からないが、彼らの健康と幸せを念じたい。
d0298869_209787.jpg

[PR]
# by butda2 | 2018-03-26 20:09

川柳の句作りあれこれ

                  川柳の句作りあれこれ
d0298869_14475363.jpg

 私が川柳を作って地元の新聞、南日本新聞の「南日柳壇」と毎日新聞の「仲畑流万能川柳」に投稿を始めたのは3年前の9月からである。短歌や俳句とは無縁だったが、ユーモアのある川柳には何となく引かれるものがありました。
 僧侶である私は、できれば仏教的な川柳を詠みたいと心掛けています。最初は没を覚悟で投稿したところ、何とそれが27年9月18日南日本新聞の「南日柳壇」に掲載されていました。その処女作が「いいはずだあの世還りはまだいない」であった。
 これまで南日本新聞には18句掲載されましたが、仏教的な川柳のため中には選者は理解しても、読者に理解してもらえないことがあります。つい先日(H30、3、4)次の句が採用され掲載されました。
 それは「明日ありと思う心で生きられる」であります。選者の評は「高僧の言葉を使って作られた句で、意味深長な人生訓話。夢を持ち続け屈託なく生きようとする。」とあった。
 さて、この句と評を読んで、ブログを見られた方々はご理解頂けるでしょうか。
 この句は選者の評にもあるように、かの有名な親鸞の詠んだ「明日ありと思う心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは」の句を真逆に詠ったユーモアな川柳なのです。もしその事を選者が理解していなかったらこの句は没だと思います。
 私の句を読んで即座に理解してくれた人もありましたが、理解してもらえない人もありました。
 そのほか、これまで掲載された句を2、3。「陰口を叩いた口でお念仏」「あの笑顔黄泉の国まで持っていく」「当たり前病んではじめてお陰さま」「おまかせと微笑んで言う病む老爺」「住職のハグがうれしい寺参り」「悲しみを転じて今は慈悲の中」「勤行の声をさえぎる蝉時雨」「許される「人間だもの」この一語」「生きているだけで迷惑かけてます」など。
[PR]
# by butda2 | 2018-03-16 20:34

自作の紙芝居で説法

            専念寺法務員の立山さんが自作の紙芝居で説法

 専念寺法務員の立山さんは2年前から専念寺法務員として勤務しながら仏教(浄土真宗)を学んでいます。昨年の12月には京都の西本願寺にて11日間の研修を受け得度(とくど=出家)して、僧侶としての資格(法名=利法)を得ました。
 彼女は絵画、特に人物画を描くのが得意ですので、仏教の物語を描いて法話に役立てています。先日、南日本新聞支局の記者の取材を受け、彼女の活動の様子を3月10日(土)新聞の総合地域版ーみなみネットのページに大きく書いていただきました。記事をそのまま掲載いたします。
d0298869_10323686.jpg

[PR]
# by butda2 | 2018-03-13 10:32

春を彩る境内のスイセン

                 春を彩る境内のスイセン

 春を彩る境内の花ばな。これまで境内の梅、境内の白木蓮、境内の椿、境内のイワツツジ、境内のアセビなど境内を彩る花木を紹介しました。
 今回は境内の春を彩るいろいろなスイセンと大根花の草花を紹介します。
d0298869_2013627.jpg

d0298869_2021871.jpg

d0298869_2025017.jpg

d0298869_2033256.jpg

d0298869_204029.jpg

d0298869_2044480.jpg

[PR]
# by butda2 | 2018-03-12 20:04

春を彩る境内のイワツツジ

                  春を彩る境内のイワツツジ

 春を彩る境内のイワツツジは私が5年前の3月、ブログを始めた時に書いたものです。あれから丁度5年になります。今でもブログを続けています。時に怠けてブログを更新しないと、教え子で私のブログフアンからは病気ですかなどと心配してメールがきます。
 春になって、境内の春を彩る境内の花たちを書いたら、梅や椿などの好きな人たちからメールをいただきました。今回も境内のイワツツジ、アセビ(馬酔木)、早桜をタブレットで写真を撮りましたので添付します。
d0298869_1919334.jpg

d0298869_1920738.jpg

d0298869_19203167.jpg

d0298869_1921338.jpg

d0298869_19212844.jpg

d0298869_1922161.jpg

[PR]
# by butda2 | 2018-03-11 19:22

春を彩る境内の椿たち

                  春を彩る境内の椿たち

 境内の梅の花は春一番の風雨ですっかり散ってしまいました。4、5日前に満開になった白木蓮は今もいっぱい花を付けていますが、遅霜が降ると一夜にして真っ黒になってしまいます。
 今、境内は椿の花が色とりどりと満開です。
d0298869_2144883.jpg

d0298869_21444992.jpg

d0298869_21452934.jpg

d0298869_21464071.jpg
d0298869_2146818.jpg

d0298869_21471713.jpg

d0298869_21482556.jpg
d0298869_21475491.jpg

[PR]
# by butda2 | 2018-03-10 21:48

境内の白木蓮

                境内の白木蓮(ハクモクレン)

 境内に30数年になる大木の白木蓮があり、今が満開です。白木蓮は毎年咲きますが寒さに弱く、夜冷え込んで霜でも降ると、一夜にして真っ黒になってしまいます。
 白木蓮の花言葉はいろいろあります。その代表的花言葉は「気高さ」「高潔な心」「荘厳」「崇敬」
「慈悲」などがあります。なお、紫木蓮(シモクレン)がありますが、当寺にはありません。
 境内の白木蓮を紹介させていただきます。
d0298869_19371848.jpg

d0298869_19375898.jpg

d0298869_19382784.jpg

d0298869_193967.jpg

[PR]
# by butda2 | 2018-03-08 19:39

境内の梅たち

                 春を告げる境内の梅

 境内の梅が満開です。境内には大小10数本の梅の木が有ります。種類もいろいろ。花の色もいろいろです。タブレットで写真を撮りました。ご鑑賞ください。
d0298869_100273.jpg

d0298869_1014191.jpg
d0298869_1011062.jpg

d0298869_103113.jpg

d0298869_1041793.jpg

d0298869_1045087.jpg

d0298869_1074121.jpg

[PR]
# by butda2 | 2018-03-08 10:05